読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜 関内、野毛、蒔田☆管理栄養士 ときどき 席亭

都内の病院で勤務している管理栄養士です。all about 実践栄養ガイドでもあります。趣味は横浜散歩と落語鑑賞。五代目円楽一門会がお気に入り。お気に入りの師匠方の落語会を主催したりもしています。

第1回 紅白根多合戦 2016年12月22日 イイノホール

忠臣蔵で紅白だよん!
そういや、去年は酔ってもいないのにネクタイはちまきをして喬太郎師匠の応援をしたっけな^_^;。

そして、今年も性懲りもなくやってきてしまったわけね。
で、趣向を変えて紅白風。
あ~、これは考えましたね。
落語は、男性がやるから味があるのであって、女性がやっても味が出ないのでつまらないことが多いです。
そのため、赤は基本、色物さんになるので紅白を交互に出せば、飽きにくい構成になりますわ。
ま、落語の好きな人に言わせると色物はいらん、という人もいないわけじゃないので、どっちがいいかは難しいところですけど。

赤組キャプテン 沢村豊子師匠
白組キャプテン 喬太郎師匠

選手宣誓で、カンペを持っている豊子姫。そして噛む(自己紹介の代わりに「綾瀬はるか」と言うべきところを「せがわ、せがわ~」と悩む)。かわいい(笑)。
これは喬太郎師匠でも勝てないわ。

喬太郎師匠は新作の模様。サゲにもう一工夫あったらしっかりした作品になりそうでした。
奈々福さんと小満ん師匠はきっちり系でしたが、かわいそうなのは一の輔師匠と天どん師匠。ふたりで漫才^_^;。
落語をやらせてもらえませんでした。ふたりのファンの人は不完全燃焼だっただろうなぁ(^^;。

最後は豊子姫と赤組の皆さんによる熱唱。なぜか笑える(^-^)。
最後の熱唱のおかげで、赤組の勝利に終わったようですが、気づいたら「そういうこと」になってました(笑)。
喬太郎師匠いわく「負けてうれしい」とのこと。負けるが勝ちっていうこともありますからね(^^)

でも、あたしはお客さんが赤と白のボードでも持たされて、どっちがいいですか?と問われるのかと思って楽しみにしてたんですけどねぇ(^^;。

何のかんの言って、これは今年、一年で一番面白かったですよ。
また来年、喬太郎師匠が出るなら見に行こ~。

f:id:chisapyi:20161224102628j:plain
f:id:chisapyi:20161224102658j:plain