読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜 関内、野毛、蒔田☆管理栄養士 ときどき 席亭

都内の病院で勤務している管理栄養士です。all about 実践栄養ガイドでもあります。趣味は横浜散歩と落語鑑賞。五代目円楽一門会がお気に入り。お気に入りの師匠方の落語会を主催したりもしています。

第30回 かぐら坂寄席

第30回 かぐら坂寄席

平成28年12月11日(日) 神楽坂・毘沙門天


今日はほとほと行くのが嫌で…。

ご本人さんたちは気づいていないようですが、もう金輪際、師匠たちの顔は観たくないくらいに思っていたりします。正直、売れないのも当然だよね、と思っております。だって、困っている人や弱っている人を助けないなんて人間のクズですよね。私を怒らせたあの場にいた元気だった3人。全員、同罪ですよ!豆腐の角に頭でもぶつけて死んじまえっての。(←そのくらい怒ってるってことでね)

ですが、周りの皆様のお顔を立てて「赤に限りなく近い黄色」で今回はおさめ、席亭としての責務・お願いしている師匠方の顔を立てる…をしてくることにしました。(次やったらマジで交代してもらうからね!)

こちらの会場、落語会を行うことで有名な会場で、先般は喬太郎師匠の兄弟会があったり、上方の鶴二師匠がいらっしゃったりしているようです。
が、床がコンクリートに薄い絨毯を敷いているだけ。空調も弱いので温度調節がうまくいきません。必ず、脱ぎ着ができる服装で行くようにしてください。

さて…、落語のほうは、番組表がないので。

好也さん 「かつぎ屋」
好の助さん 「孝行糖」
全楽師匠 「真田小僧

~仲入り~
太神楽 花仙
全楽師匠 「芝浜」

好也さん かつぎ屋ね。お正月らしいめでたい1席です。圓楽党らしい、しっかりした口調の前座さんになってきましたよ。名古屋の子らしいですし、私も成長が楽しみ。
好の助さん どうも客席にある柱が気になるらしく、柱のほうに座布団を向けて落語をやっていました。わざわざ座布団を斜めに直してやる人…、珍しいねぇ。ただし、好の助さんにはそれがいいのかもしれないけど、お客さんにはかなり違和感たっぷり。だって、お客さんはその角度の座布団は観たことないんだから(円楽党の師匠の会だけでなく、喬太郎師匠の兄弟会も座布団の置き方は同じです)。お客様に合わせるということを覚えたほうがいいんじゃないかな~と老婆心ながら思ってしまいました。
全楽師匠の真田小僧は、最近、これが多いですねぇ(^^;。ただし、息子がテキトーにお金をもらって遊びに行ってしまって終わりではなく、ちゃんと「真田三代記」までやるところが真打の意地かもしれません。世話役の皆さんへの感謝をマクラで話していましたけど、どこまでホントにそう思ってるのかねぇ。ホントにそんな殊勝なこと思っているならイエローカードなんて出されることはないだろうに。(←怒ってますから。)


仲入りでは、30回記念で抽選会をやっていた模様。ちなみに私は、まだ仕事が終わらず、書類とにらめっこしてました(泣)。(←でもおかげさまで終わったぜぃ!)

太神楽…、私ね、太神楽やマジックって嫌いじゃないんですよ。落語協会の「翁家社中」とかコマ回しの三増紋之助さんなんて大好きです。特に紋ちゃんの「よしっ!」は元気になれます。大好きなんですよ。それを前提に言わせてもらいますが、円楽党が使う太神楽・マジックはコワイ!特に、女性の太神楽・マジックは怖すぎます(涙)。両国の舞台が狭いことはあると思います。ですが、ステージ上にモノを落とすのは当たり前、客席にモノを落とすのも珍しくない、挙句には「本人」が客席に落ちてくる…なんてこともございます(怯)。
花仙さんの場合・・・、そんな圓楽党が連れてくる太神楽の中でも「特に危険人物」です。ヤバいよ、この子はヤバいよ…。マジ、こっえ~~~です。
思わず、狭いところで演技を始めようとしたので「広いところでやって」と言ってしまったほど(スミマセン、こちらでは2回目です。圓楽党の色物さん、お客様にけがさせそうで怖いんだもの…(泣))。実際にはその演目でミスはありませんでしたが、案の定と申しましょうか、3回やり直した演目がありましたね。
まぁ、お客様にけががなかったので、よかったとしましょう…。
色物さん、もうちょっと勉強してください。

仲入りで世話役さんから「笑える演目に」とリクエストしたと説明がありましたが、トリで始めたのは「芝浜」
おやおや、これ笑える演目じゃないんじゃないの?
年の瀬はこういうのがやりたい気分になるんだね。そもそも、師匠は、お酒は飲めないし、女将さんはいないし「芝浜」向きではないんですけどね(^^;。先日の「尻餅」もそうですが、夫婦の会話が男性2人がしゃべっているようにしか聞こえません(苦笑)。
暮れの大ネタなら「富久」のほうが似合いそうなのにね。
それでも「芝浜」を選ぶのは、全楽師がお世話になった2人の師匠へのレクイエムかもしれません。

すみません。今日は超辛口。私、かなり怒ってるからね。

終演後、また世話役さんが出てきて「前回やったマジックの種明かしをしま~す!」と元気よくおっしゃっています。
「終わったらみんな帰っちゃうよ」
と思いましたが、ホントにほとんどの人が世話役さんの声を無視してホントに帰ってしまいます。気の毒なので、一瞬だけ参加(^^;。

世話役の皆さまも、よく30回もやったもんです。私にはご苦労がよ~~~く見えます。お疲れ様でした。

f:id:chisapyi:20161212004837j:plain