読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜 関内、野毛、蒔田☆管理栄養士 ときどき 席亭

都内の病院で勤務している管理栄養士です。all about 実践栄養ガイドでもあります。趣味は横浜散歩と落語鑑賞。五代目円楽一門会がお気に入り。お気に入りの師匠方の落語会を主催したりもしています。

第1回 紅白根多合戦 2016年12月22日 イイノホール

忠臣蔵で紅白だよん! そういや、去年は酔ってもいないのにネクタイはちまきをして喬太郎師匠の応援をしたっけな^_^;。そして、今年も性懲りもなくやってきてしまったわけね。 で、趣向を変えて紅白風。 あ~、これは考えましたね。 落語は、男性がやるから…

東西女流華々競艶会 2016年12月23日

普段だったら絶対ノーマークの女流芸人さんの会。 落語って男性目線で語り継がれてきた噺なので、どうしたって女性がやるとおかしく見えちゃうのよ(^^;。 だから、落語だけは力量のある男性の噺家さんにやってもらったほうがいいよね、それが特に二枚目じゃ…

クリスマスパーティのプレゼントとして・・・

巷はクリスマス色に染まってますね~。赤と緑のコントラストがまぶしいです!かくいう私は職場で折り紙サンタと折り紙つるを作っております。 それぞれ40個。残り枚数ばかりが気になって一向にすすみません(苦笑)。 さて、そんな年末ですが!いつもお世話…

お結びカフェ

弟弟子にまで「道楽モノじゃなくてなまけモノです」と言われてしまう、あの道楽師匠がよく働くこと(笑)。銀座で小料理屋さんを営むお友達が席亭をなさっている会でございます。 私は職場のクリスマス会と時間がバッティングしてしまい、残念ながら欠席です…

第30回 かぐら坂寄席

第30回 かぐら坂寄席 平成28年12月11日(日) 神楽坂・毘沙門天 今日はほとほと行くのが嫌で…。 ご本人さんたちは気づいていないようですが、もう金輪際、師匠たちの顔は観たくないくらいに思っていたりします。正直、売れないのも当然だよね、と思っており…

鎌倉落語会 ~柳家喬太郎・柳家三三二人会~

鎌倉落語会 ~柳家喬太郎・柳家三三二人会~ 平成28年12月10日(土) 鎌倉芸術館 大ホール鎌倉落語会……といいつつ、最寄り駅は大船。 だから、鎌倉と言っても横浜から1歩しか出てないのね(≧▽≦)。 鎌倉芸術館の大ホールで喬太郎師匠と三三師匠の二人会。 大ホ…

厩火事 ~これはどうとらえるべきなんですか?!~

昨夜、寝ようと思ったら、どこからかかすかな音で「火事です!」と警報機がなっています。まさか、ウチのマンションじゃないよね?マンション中を探しましたが、騒ぎの元は見つからず。外へ出てみると、隣のマンションに消防車が3台。ホントに火事は怖い・・・…

12月 両国寄席 7日目 ~2017/12/7~

今日は両国寄席に来ました。 11月はまったく来なかったので久しぶりです。 今日は道楽師匠と全楽師匠が揃い踏み。来ないと二人に叱られますわね(^^;。と、言うわけで久しぶりに来てみました。 道楽師匠は中野に続いての「弥次郎」やっぱり不思議な噺ですが、…

大入袋の秘密

「大入袋」 知らない人は日本人じゃないよね、と思うくらい誰でも知っている「大入袋」 お相撲や歌舞伎などで満席になった場合に、興業主がお客様に配るご祝儀袋です。 昔は、満員御礼の際に演者さんに配っていたようです。ご祝儀ですから、そこそこの金額が…

阿武松 ~栄養士らしいところで一席~

「第3回 まっちゃげ落語会」ありがたいことに大盛況を頂戴しました。これもひとえにご参加いただきました皆さまのおかげと改めて感謝申し上げます。今日はまっちゃげで道楽師匠が話してくれた「阿武松(おおのまつ)」について。実は、以前、私が管理栄養士…

第3回 まっちゃげ落語会 ~ご来場ありがとうございました~

昨日は、第3回 まっちゃげ落語会にご来場いただきましてありがとうございました。実を申しますと、開催の3日前、まっちゃげ店長より「参加者が3人くらいしかいません!」と連絡をいただき、もはやこれまでか・・・、と覚悟をしたのですが、ふたを開けてみれ…

柳家喬太郎 ~落語協会・真打~

言わずと知れた人気者・柳家喬太郎師匠。もはや説明さえいりませんね。落語の好きな人で喬太郎師匠を嫌いだという人には会ったことが・・・、1回だけありますけど、「売れすぎててイヤだ」という意味のわかんない理由だったんで、「ない」ってことでいいよね?…

第11回 三遊亭道楽独演会

「なかのっ!1年ぶりっ!」 と言っても、サンプラザではありません。なかの芸能小劇場。 100人入るか入らないかの小さな会場です。 こちらで、道楽師匠、1年ぶりの独演会です。 道楽師匠の「独演会」は基本的にはこちらだけ。 他には追って適宜ご紹介してい…

三遊亭道楽 ~五代目円楽一門会・真打~

過去の記事でもご紹介したとおり、道楽師匠は私が最初に出会った落語家さんです。 行きつけの小料理屋さんが同じなので、共通の友人も多いのですが、皆さんからの評判もよく、とても愛されている方です。やわらかくゆっくりとしたテンポで聞きやすい落語を話…

道楽師匠の独演会があるよっ!

来週の火曜日。11月29日、道楽師匠の独演会がありますよっ!年に1回しかやらない道楽師匠の独演会。本当は友達が道楽師匠の独演会を主催してるから、もっとあるっちゃあるんだけど(^^;。(これらはまた追々、告知しますね~)今回は、道楽師匠が自分で主催…

ちさっちゃん流、木戸銭の決め方

私が席亭をすると、木戸銭が「安い」と仰る方と「高い」と仰る方がいらっしゃいます。 いずれにしても、お金のことは大事なので、はっきりお示ししておきますね。私が席亭をやる場合の入場料の決め方は、 1)落語家さんへのお礼代 2)お店へのお礼代の合計…

落語って入場料が高いんでしょ?というご質問に対して。

「入場料、高いんでしょ?」。 よく言われるんですが、落語はかなりリーズナブルです。ざっくり、まとめてしまうと、真打が出演する会で入場料は3000円前後です。 所属団体などによって、高いところ・安いところがあります。 立川流は、全体的に高い印象があ…

お客様をお迎えする

新年会のお客様…、といっても、正直、先生と先輩・後輩。「今、世話をしている学生」なんてのを連れてきた人もいましたが、それでも遠い親戚といった感じ。 リムジンが到着するたびに、玄関へ迎えに出て、高座の近くから座ってもらいます。 「え?これは何?…

先生を迎えに行って、高座を作ろう♪

かくして、新年会の当日を迎えます。 もちろん、学会は2日間、朝から晩まで行われています。 午前中、私は学会に出席。先輩・後輩を探して先生を会場まで連れてくるように頼みます。これがまた手の込んだ仕掛け。 「リムジンタクシー」を2台チャーターして、…

BS11「イレブン寄席」の収録 ~2016年12月分~ に行ってきました

喬太郎さま~~~~(*^-^*)。あ、スイマセン。このブログで私が誰のファンなのかって詳しく書いてなかったですよね。実は、私、柳家喬太郎師匠の大・大・大ファンなんです。声もお顔も落語家さんで一番カッコいいと思っております。あ、ただ、女子友に言って…

東京大神宮 十七日寄席

東京大神宮。関東在住者はなんとな~くピン!と来た人もいますね。そうです。そうです。あの縁結びの神様で有名な神社ね♪いつも参拝の女性がた~~~くさんいらっしゃいますよ。「ステキな恋人を紹介して下さい(*^-^*)」という可愛らしいお願いをしている彼…

初心者的、落語のマナー

落語は古典芸能ではありますが、「庶民の日常あるある」的な要素を持った娯楽です。そのため、肩肘を張って出かけていく必要はありません。 落語の最中に、飲物を飲んでいてもOKですし、何か食べていてもOK。お酒はOKのところとNGのところがあります。たくさ…

用意も楽しや、席亭デビュー

会場となるお店は野毛の「村田家」さん。 ふぐといわし料理で有名な名店です。 ラッキーなことにお店のご主人が落語がお好きで、昔はよくお店でも落語会をやっていたのだそう。今はあまりやらなくなってしまって、さみしい思いをされていたようで、ご迷惑を…

大好きな先生と仲間を楽しませたい!

今度のお正月、先生が学会で横浜に来てくれるんだ……(嬉)。 私には大好きな「先生」がいます。その人は私の大学院生時代の「指導教官」。80歳を超えていますが、まだまだお元気で、研究に・授業にと日夜忙しく飛び回っておられます。 大学院の指導教官と…

「浜野」「にぎわい座」。2つのキーワードがしかけた罠

道楽師匠に続いて、全楽師匠の独演会にもお邪魔するようになった私。 と、申しますのも、あれ以来、私の顔を見ると全楽師匠は嬉しそうに「次、ここでやるんですよぉ~」と、予告してくれるように(苦笑)。しかも、割と早い段階で予告していただくので、スケ…

落語会の入力が面白い!

この頃の私は、落語会の入力業務が面白くてたまりませんでした。 とくにオーナーさんから私が入力を怠ったら入力されないと言われた円楽党に関しては、とにかく1回分でも多く入力しようと、チラシというチラシをすべて持ち帰り、重複がないように丁寧に入力…

円楽師匠の「浜野」に泣く

2015年3月の第1土曜日。仕事帰りに、渋谷公会堂で行われた落語会に遊びに行きます。その会は、若手2人と笑点メンバーから、木久扇師匠、円楽師匠、昇太師匠が出る予定でした。ところが、その日は笑点の収録で3人が大遅刻。 木久扇師匠は、軽く「彦六伝」、昇…

第3回 まっちゃげ落語会 のお誘い

お知らせです♪ プチ席亭シリーズ 第5段。「第3回 まっちゃげ落語会」五代目円楽一門会 三遊亭道楽・三遊亭全楽 二人会2016年12月4日(日) 18:00開場 18:30開演まっちゃげ 横浜市南区蒔田 徒歩5分もちろん、このブログでも大活躍(笑)してくれている、道…

亀戸梅屋敷に行ってみた

2015年2月のある日。この日はとても寒い日でしたが、ピーカンの青天。道楽師匠のメールにあった「亀戸」を探します。「亀戸」…と言われましても、私、どうやって行けばいいか分かりません。行かないんだよね~、東京駅より東側は(^^;。路線図を見ながら、亀…

落語会の入力を手伝いたい!

両親もお気に入りの落語。しかも、落語家さんの知り合いがいる…。でも、落語の「ら」がよく分からない…。ならば、落語会を知っている人に教えてもらおう。思いついたのは、インターネットで落語会の情報を集めているサイト「落語系情報サイト 噺-HANASHI- 」…

あれは誰?ホントにこの人?? ~親子で新春「にぎわい座」公演へ~ 

にぎわい座の正月公演は毎年、五代目圓楽一門会が2日間にわたって興行を行っています。 後で気づいたことですが、父親が見てきたのは「五代目圓楽一門会」の落語会。そうです。道楽師匠が所属している一門です。発売日を確認し、母親に電話します。 「来年は…

道楽師匠の独演会にお邪魔する。

この出会いから1か月くらい後。年に1度しかない道楽師匠の独演会があると、友人から知らせが届きます。 友人に尋ねると「行く」という返事。私は友人に会いたいという気持ちもあり、落語会に行くことにしました。定期券で行ける場所に会場があったというのも…

落語との出会い

私は愛知県の片田舎で育ちました。テレビで流行りの番組は見ていましたが、父親も母親も「テレビは流れていればいい」という人でしたので、ジャニーズや聖子ちゃん(歳がバレるな(笑))を見て育ったのです。ですから、落語の「ら」の字も接点のない生活を…

プチ席亭、ブログはじめます。

今日から「はてぶ」さんを使って「落語」に関するブログを書いていくことにします。・・・と言っても、毎日更新するつもりはありません。 主宰の落語会の告知、落語会に行ったとき、思うことがあったとき、時々更新する程度。ただ・・・、こんな風にブログを立…